交通事故の弁護士Top   最近の事故数   起こしたとき   後後のトラブル   話し合い   損害賠償   無料相談   タイミング   流れ   成功報酬   呼び出し   サイトマップ

もしも交通事故を起こしてしまった時には弁護士が頼りになる

交通事故で検察庁から呼び出し状が来たら

交通事故を起こすと、事故後の取り調べや現場検証は警察が行います。

警察が作成した書類や証拠物件は検察官に送致、つまり書類送検されます。


検察官がこれを受理すると、担当の検察官が交通事故に関する書類・証拠物件を検討し、
不起訴または略式起訴のうえ罰金、正式起訴にするかなど、刑事事件としての処分の方針を決めます。

マンション

 

検察官は、交通事故の加害者に呼び出し状を送って検察庁に呼び出し、加害者を取り調べ供述調書を作成します。

 

取り調べでは、事実関係だけではなく加害者がどの程度反省しているか、
被害者に対してどのような対応をしているかも調査されます。
加害者側に飲酒運転や無免許運転などの重大な過失があったり、犯行を否認しているなどなければ、
被害者側の人身被害などの程度や誠意ある対応を行っていれば、略式起訴、また示談が成立すれば不起訴となります。

新しい

 

Top   件数   刑事処分   警察   当事者   依頼   示談交渉   支払   弁護士   わからないこと   検察庁   Sitemap

ページ上部へ戻る

Copyright© 事故 All Rights Reserved.