交通事故の弁護士Top   最近の事故数   起こしたとき   後後のトラブル   話し合い   損害賠償   無料相談   タイミング   流れ   成功報酬   呼び出し   サイトマップ

もしも交通事故を起こしてしまった時には弁護士が頼りになる

示談交渉してもらう流れ

交通事故に巻き込まれて加害者と交渉しなければならなくなってしまった場合、
当事者同士では話がなかなかまとまりにくいことが多いです。


どれだけ相手がいい人そうに思えても、お互いに有利に話を進めようとする心理が
どうしても働くので、どこかで間違えると感情的なスイッチがはいり、
余計なトラブルに発展しかねません。

そのため、法律の専門家である弁護士に間に入ってもらったほうが
話し合いがスムーズに進むことでしょう。

屋内

 

任意保険などに加入している人であれば、保険会社が間に入って
交渉を行ってくれるのですが、車両保険に入っていないような
場合には、相手との過失割合の話し合いに積極的になってくれない
可能性があるので、いざという時には弁護士に正式に
依頼をしたほうが良いでしょう。

また、保険会社に任せると、ほとんどがこちらの納得のいく結果にはなりません。
以上のことを踏まえても、早めに弁護士に相談する方が得策と言えます。

遅くに

 

弁護士にも得意分野があるので、交通事故の交渉などを
得意としている法律事務所を探して依頼したほうが、
良い交渉をしてくれるでしょう。

 

あまりなじみがない弁護士事務所に交通事故の示談交渉を
お願いする流れとしては、まずは相談できる事務所を
探すことから始める必要があります。

 

依頼できる信頼できそうな法律事務所を見つけたら、
電話やメールなどを使って相談を申し込むことになりますが、
すぐに交渉の委託を依頼せず、面談などで信頼できそうな
先生であるかどうかを見極めたほうが良いでしょう。

 

弁護士に交通事故の交渉を依頼するにはそれなりに
費用は掛かりますが、過失割合の問題や損害賠償の問題などを
きちんと整理してもらうためには、依頼しておいたほうが確実です。

 

交通事故を起こしてしまってから依頼先を探しているのでは、
スピーディな交渉ができない可能性があるので、あらかじめ
交通事故に詳しい弁護士などを探しておくと、流れが
スムーズになります。

 

Top   件数   刑事処分   警察   当事者   依頼   示談交渉   支払   弁護士   わからないこと   検察庁   Sitemap

ページ上部へ戻る

Copyright© 事故 All Rights Reserved.