交通事故の弁護士Top   最近の事故数   起こしたとき   後後のトラブル   話し合い   損害賠償   無料相談   タイミング   流れ   成功報酬   呼び出し   サイトマップ

もしも交通事故を起こしてしまった時には弁護士が頼りになる

交通事故を起こして刑事処分になる場合

皆さんは交通事故にあったことがありますか、または不幸にも
交通事故を起こしたことがありますか。

 

自分が気を付けていても交通事故に遭遇することはありますが、
相手をケガさせたり最悪、死亡させたりした場合、

加害者はどのような処分を受けるのか御存知ですか。

 

当たり前のことですが飲酒運転や居眠り運転は除き、交通法規の中で
違反を犯し交通事故を起こしてしまった場合、原則は刑事処分を受けます。

 

例えばスピード超過により車で相手にケガを負わせた、相手が
歩行者や自転車であった場合は当然のことながら自動車相手よりも
過失は重くなります。

正面


そうなると刑事処分の対象となり、下手をすると慰謝料以外にも
禁固刑に処される可能性があります。

ほとんどの場合、交通事故を起こす気などみじんもなく、ちょっとした油断から
重大な事故に繋がっています。
これまでに事故や違反をしたことがなかったとしても、人間である以上
一瞬気をとられてしまうことはあります。そしてそれが、今後の人生を
台無しにしてしまうことになるのです。
十分に注意しましょう。

地面


 

Top   件数   刑事処分   警察   当事者   依頼   示談交渉   支払   弁護士   わからないこと   検察庁   Sitemap

ページ上部へ戻る

Copyright© 事故 All Rights Reserved.