交通事故の弁護士Top   最近の事故数   起こしたとき   後後のトラブル   話し合い   損害賠償   無料相談   タイミング   流れ   成功報酬   呼び出し   サイトマップ

もしも交通事故を起こしてしまった時には弁護士が頼りになる

最近の交通事故の件数の推移と傾向

最近はすっかり高齢化社会の進行も早く多くの高齢者のドライバーも
増えてきましたが、それと比例する様に交通事故の件数も
都道府県によってもバラつきは有りますが、年々増加の一途を辿っていて
交通事故の加害者が高齢者と言う事故も年々増えています。

 

それについては各方面からも様々な意見が有り、今後の交通事故の
減少の為にも、取り組まなければいけない問題になっています。

霧

家から

 

自動車免許に年齢制限を設ける事に関しては高齢者から反発の声が大きく、
免許が無くなると生活に不便が生じるとか身分証明書が
無くなる等の声も上がっており難しい状況に有りますが、
かと言って高齢者の交通事故の危険予知の認識が
上がったかと言えばそうではありません。

 

これからの課題は年齢に関係なく運転モラルの遵守を
徹底させていくしか今の所は解決策は無く、確実に
交通事故の件数を減少させるのは難しいのが現状とも言えます。

 

交通事故による死傷者数は減少していますが、その反面
高齢者による事故の比率は年々増加しています。
長く運転してきたという慢心が、周囲からの警告を受け入れられず
その結果、不注意によって不幸な事故が起こっています。
ちょっとした慢心が一生の後悔にもなりかねません。
運転をする高齢者本人も、またその家族も、より高い意識を持たなくてはいけません。

 

Top   件数   刑事処分   警察   当事者   依頼   示談交渉   支払   弁護士   わからないこと   検察庁   Sitemap

ページ上部へ戻る

Copyright© 事故 All Rights Reserved.